砂漠キャンプ







 本校では、この地域だからこそできる学習である砂漠行事を、アブダビが涼しくなってくる11月に、
行っております。砂漠行事の内容は簡単に紹介すると以下の通りです。

  砂漠遠足・・・・・・・・・・・・ 小学部1,2年生  日帰り    テントなし   おやつ

  砂漠プレキャンプ・・・・・・小学部3,4年生  日帰り    テント設営   火起こし→軽食

  砂漠キャンプ・・・・・・・・・ 小学部5,6年生  砂漠で1泊  テント設営   火起こし→夕食と朝食(メニューから企画)
                   &中学部    キャンプファイヤー  星空観測 など


 11月18日(水)~19日(木)に1泊2日で小学部5,6年生と中学部による砂漠キャンプが行われました。
 この日は、天候に恵まれ、風がほとんどなく晴天となりました。












当日は、朝から準備です。食事の下ごしらえ、荷物の積み込みなどみんなで協力して行います。









 初日の、昼食は学校で食べて、それから出発です。
出発式では、今年の砂漠キャンプのスローガンの確認をしました。「つながり」です。
 友だちとのつながり、U.A.E.とのつながり、未来の自分とのつながり
・・・









 砂漠へ向かうバスの中では、みんな興奮気味です。学習レク係を中心に車内で
ゲームを楽しみました。










 砂漠につけば、早速荷物運びです。みんなで協力しながら荷物を運びます。足場が砂のため、
体力が奪われます。積極的に、助け合う姿が見られました。










 日陰となるテントを設営します。班ごとに力を合わせ、設営しました。早くできれば、周りの班の
手助けをする姿も見られました。











自由時間には、砂丘を駆け上り、サンドボードやそりを楽しみました。砂山を登るのは、なかなか大変でした。










 夕食は、班で考えたメニューを作ります。バーベキューやハンバーガー、焼きマシュマロ、デザートなどメニューも豊富でした。
日の入り前だったので丘に登って夕食を食べながら日没の時間を楽しみました。











日没後は、キャンプファイヤーをしました。燃えさかる炎を囲んで、学習レク係を中心にゲームを楽しみました。
その後は、星空観察です。理科教員の星の話に耳を傾け、アブダビの町中では見られない星空を堪能してきました。










2日目の朝は、日の出をみんなで眺めました。丘に登り、仲間と見る日の出は最高でした。










その後は、朝食づくりです。飯盒炊爨(はんごうすいさん)をし、各班でご飯を炊きました。
おこげが少し見られる程度のとてもおいしいご飯が炊けました。











後片付けをしっかりと行い、最後は砂漠にお礼を言って学校へ戻りました。