転入・編入について

1  入学・編入学の手続きと諸費用  学用品等  幼児の帯同について
 現地教育制度の概略  国際学校


入学・編入学の手続きと諸費用
(1) 日本からの提出書類
 在学証明書(現在通っている学校から,本校編入学後に郵送でもかまいません。
(2) 入学時の手続きと提出書類
 申し込み後,すぐに入学できます。入学願書(フォームはこちら〈PDF〉)と家庭環境調査票をご提出い ただきます。
 いずれも学校にお越しの際にお渡しします。
(3) 諸経費
@ 入学金   800DHS(但し,アブダビ日本人学校幼稚園に在籍していた児童は600DHS)
A 授業料  2765DHS (1ヶ月分)
B バス代    415DHS  (1ヶ月分)
B PTA会費  240DHS (年間)
C 教材費   別途徴収
(4) 課外活動
 学校ではスクールバスでの登下校となりますので,特に課外活動は行っておりません。
 日本人会主催の「スポーツ教室」があり,バスケットボール,サッカー,卓球,剣道の各教室を
 月曜日から水曜日まで行っています。但し,参加は有料となります。
※本年度は、「スポーツ教室」の下校にスクールバスは利用していません。
(5) 体験入学について
 本校では、体験入学は実施しておりません。
学用品等
(1) 教科書
 海外子女教育振興財団で受領し,ご持参下さい。(その年度の学年分のみ)
(2) 学年ごとに必要な学用品
 アブダビでも手に入るものがいくつかございますが,日本と比べると品質がやや劣るようです。ここでは,現地で調達しにくいもののみ挙げさせていただきます。
書道用具,彫刻刀,国語・漢和辞典,そろばん(小3,学校に予備あり),鍵盤ハーモニカ(小1〜3)
ソプラノリコーダ(小3〜),アルトリコーダー(中1〜),和英・英和辞典,裁縫セット(小5・6)
 上記の他にも,各教科ノート,参考書類,問題集,弁当箱などは入手が難しいので,下の「文房具・学習道具の確認」をご覧いただきながらご検討下さい。
文房具・学習道具の確認(アブダビ日本人学校)
 
 
幼児の帯同についてについて
 日本人学校の敷地内に日本人学校幼稚園があります。年少・年中・年長組があり,その年の4月2日に満3才以上のお子様が対象です。
 入園金:500DHS,保育料:1学期5440DHS 2学期5440DHS 3学期4080DHS 
 バス代 月415DHS
 (バスの運行に範囲があります。お問い合わせください。)
 尚,U.A.E.政府の意向で,平成21年度から現地の児童を日本人学校に入学させています。そのため、日本人学校幼稚園でも、UAE国民児童を学年に2〜4名受け入れています。
 ※連絡先:電話02-444-6563   メール:adjkg@jsad.ae
 
現地教育制度の概略
 アラブ首長国連邦は,6・3・3・4制を採用しており,義務教育のほかに,中学校,普通高校,商業高校,教員養成学校,職業訓練学校などがあり,1977年にはアル・アインにアラブ首長国連邦大学(文学部,教育学部,法学部など,文科系学部が中心)が開設されました。
 教育の向上と普及は,政府が最も力を入れている分野であり,全教育施設の半数近い私立学校に対しても,指導管理が強くなってきています。
 公立学校では小学校から厳然とした男女別学であり,アラビア語,イスラム教などが教育課程の中で重要視され,試験の結果に応じて落第させているようです。
 日本人子女の入学については,言語がアラビア語ということもあり現実的には難しいと思われますが,制限付きで受け入れているようです。
 尚,日本とは異なり9月より新学期が始まることになっています。
○教育年齢  小学校:6〜12歳 中学校:13〜15歳 高等学校:16〜18歳
○就学年齢基準日  その年の9月1日までに満6歳になるものは,その年の9月に小学校1年に入学する。
○学校年度  9月1日〜6月30日  2学期制
 
 
国際学校(インターナショナルスクール)
 アメリカ系,イギリス系など,何校がございますが,詳細は各学校に直接お問い合わせください。